詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山下 朋子ヤマシタ トモコ

所属・担当
外国語学部 国際関係学科
国際文化研究科 国際文化専攻
職名講師
メールアドレスyamashita[at]for.aichi-pu.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
researchmapURLhttps://researchmap.jp/tomokoyamashita/
生年月日
Last Updated :2017/10/04

研究者基本情報

学歴

  • 2009年04月 - 2015年03月, 神戸大学, 大学院法学研究科, 博士後期課程 理論法学専攻(国際法)
  • 2011年09月 - 2012年09月, Université libre de Bruxelles, Faculté de droit, Master complémentaire en droit international
  • 2007年04月 - 2009年03月, 神戸大学, 大学院法学研究科, 博士前期課程 理論法学専攻(国際法)
  • 2003年04月 - 2007年03月, 神戸大学, 法学部, 法律学科

学位

  • 博士(法学)

所属学協会

  • 国際法学会
  • 世界法学会
  • 日本国際経済法学会
  • 国際人権法学会

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 愛知県立大学, 外国語学部国際関係学科, 専任講師
  •   2015年04月 - 現在, 関西学院大学, 国際学部, 非常勤講師
  •   2014年04月 - 2017年03月, 京都大学, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  •   2009年04月 - 2012年03月, 神戸大学, 日本学術振興会特別研究員(DC1)

メッセージ

    国際法は日本では司法試験の選択科目にすぎませんが、オランダなど国によっては憲法よりも上位法であり、そのような国の法学部等においては必須科目と位置づけられています。かつては国家間関係のみを規律していましたが、現在では、国際機関、個人、企業など様々な国家「以外」の主体も適用の対象であり、更に実際の国際・国内裁判を通じて国際法の形成にまで関与するようになっています。日常生活で国際法を意識する機会はあまりないかもしれませんが、現代のグローバル化した社会においては国際法を学ぶ意義はますます大きくなっていると言えるでしょう。私は教育・研究のどちらにおいても、現代社会における国際法の運用に着目して活動しています。

研究活動情報

研究分野

      法学/国際法学/国際公法,

研究キーワード

    国際法/外交的保護/管轄権/国際投資

現在の研究課題

    1. 国家間法としての一般国際法規則の現代グローバル法秩序への適用(科学研究費若手研究B:2017年-2020年)
    2. 現代グローバル法秩序における投資家の慣習法規範形成に与える役割 (2016年度サントリー文化財団「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」)

主な研究内容

    ・外交的保護制度の理論と実際(2007-現在)
    ・国際人権法と国家責任法との交錯―外交的保護制度の新展開の可能性(2009-2012)
    ・主権概念の再構築による「法的」人道的介入―国際司法裁判所における個人の保護―(2013-2014)
    ・投資紛争における損害と責任の国際公法的評価(2014-現在)

論文

MISC

  • Judicial Decisions in Japan, Shiho Sugiki and Tomoko Yamashita, Japanese Yearbook of International Law, 54,   2011年
  • Judicial Decisions in Japan, YAMASHITA Tomoko, Japanese Yearbook of International Law, 53,   2010年
  • Judicial Decisions in Japan, YAMASHITA Tomoko, Japanese Yearbook of International Law, 52,   2009年
  • Judicial Decisions in Japan, YAMASHITA Tomoko, Japanese Yearbook of International Law, 51,   2008年
  • Judicial Decisions in Japan, YAMASHITA Tomoko, Japanese Annual of International Law, 50,   2007年
  • Judicial Decisions in Japan, YAMASHITA Tomoko, Japanese Annual of International Law, 49,   2006年

講演・口頭発表等

  • Legal Framework for the Common European Asylum Policy: Communitarization in the Definition of ‘Refugee’ and ‘Subsidiary Protection (winner of the Hyogo EU Association Award), 山下 朋子, EU Studies Colloquium, EU Institute in Japan-Kansai, Kobe University, Japan,   2007年03月22日
  • 書評:Serena Forlati, “Protection diplomatique, droits de l'homme et réclamations "directes" devant la Cour internationale de Justice : quelques réflexions en marge de l'arrêt Congo/Ouganda”, Revue générale de droit international public, vol. 111, no. 1, pp., 山下 朋子, 国際法研究会、京都大学,   2009年12月12日
  • 外交的保護『変形理論』再考, 山下 朋子, 国際法研究会、京都大学,   2010年07月03日
  • Book Review:Sébastien Touzé, La protection des droits nationaux à l'étranger: Recherches sur la protection diplomatique, Pedone, 2007, 513 p. [in Japanese], 山下 朋子, 国際法研究会、京都大学,   2011年03月05日
  • Non-Territorial Phenomena in International Criminal Law: Dilemma between Effectiveness and Legitimateness for Restorative Justice, YAMASHITA Tomoko, 10th Young International Lawyers Research Forum “A Lackland Law? Territory, Effectiveness and Jurisdiction in International and European Law,   2013年01月24日, Italian Society of International Law
  • 国家の精神的損害の評価方法―外交的保護の法的擬制との関係で, 山下 朋子, 国際法研究会、京都大学,   2013年03月30日
  • "Bottom-up” Assessment of State’s Damages: Does the Legal Fiction Still Work in the case of Moral Damages Suffered by an Individual?, YAMASHITA Tomoko, 7th International Graduate Legal Research Conference,   2013年04月07日, King’s College London
  • Jus Cogens Norm invalidates State Immunity? : International Restorative Justice and Japanese War Compensation Cases, YAMASHITA Tomoko, 2013 ILA-ASIL Asia-Pacific Research Forum “International Law and Dispute Resolution: Challenges in the Asia Pacific”,   2013年05月15日, ILA Chinese (Taiwan) Branch
  • Jus Cogens Norm invalidates “Waiver of Claims”? : Impact of Japanese War Compensation Cases to Asian Legal Order, YAMASHITA Tomoko, 10th Asian Law Institute Conference,   2013年05月23日, Asian Law Institute
  • Responsibility to Protect as a basis for “Judicial” Humanitarian Intervention, YAMASHITA Tomoko, Conference for research students and early career scholars:“Beyond Responsibility to Protect: Towards Responsible Use of International Law?”,   2013年07月04日, McCoubrey Centre for International Law, University of Hull
  • 主権概念の再構築による「法的」人道的介入―国際司法裁判所における個人の保護―, 山下朋子, 2013年度国際法学会研究大会,   2013年10月12日, 国際法学会
  • 外交的保護権の『放棄』―人権規範による制約可能性, 山下 朋子, 国際法研究会、京都大学,   2014年10月25日
  • 外交的保護の国籍に関する原則, 山下 朋子, 国際法研究会、京都大学,   2014年12月06日
  • Case Study: ICJ, Ahmadou Sadio Diallo (Republic of Guinea v. Democratic Republic of the Congo) -Judgment of 30 November 2010, 山下 朋子, 第78回判例事例研究会,   2015年06月25日
  • Theory and Practice of Diplomatic Protection: State Responsibility in International Protection of Human Rights and Investment, 山下 朋子, Young Scholar Workshop,   2015年10月15日, 招待有り, Ritsumeikan Global Innovation Research Organization & Graduate School of International Relations, Ritsumeikan University
  • Moral Damage in Investor‐State Arbitration: A Substantial Change for Moral Injury to State, 山下朋子, The 5th Biennial Conference of the Asian Society of International Law 2015,   2015年11月26日, The Asian Society of International Law
  • Citizenship as a Basis for Compulsory Diplomatic Protection: Restricting Discretion by Global Constitutionalism, YAMASHITA Tomoko, Conference-Workshop “Taming Power in Times of Globalization: What Role for Human Rights?,   2015年11月30日, Irish Centre for Human Rights, National University of Ireland Galway
  • Moral Injury in Investor-State Arbitration, 山下 朋子, 2015 Kyoto-Seoul Joint Student Seminar in International Law,   2015年12月22日
  • Moral Injury in Investor-State Arbitration: A Theoretical Shift for Reparative Modalities of International Responsibility, YAMASHITA Tomoko, 2nd Kobe Seminar on International Investment Law 2016 Asian challenges to international investment law: Viewing from internal and comparative perspectives,   2016年01月29日, Kobe University Graduate School of Law/Global Masters Programmes (GMAP) in Law
  • 国内的救済完了原則の展開, 山下 朋子, 国際法研究会、京都大学,   2016年02月16日
  • Moral Injury in Investor-State Arbitration: Reconceptualization of Damages in International Responsibility, 山下 朋子, 国際法研究会、京都大学,   2016年04月09日
  • Humanitarian Phase of Diplomatic Protection: Case Studies of Disadvantaged Detainees’, 山下 朋子, International Workshop “Interdisciplinary Approaches to the Protection of Human Rights: Building Integrated Networks between Academic, State, and Societal Actors”,   2016年07月06日, 招待有り, Tohoku Forum for Creativity, Tohoku University
  • 投資条約仲裁における国内的救済完了原則の適用例外-「無益性」の抗弁-, 山下 朋子, 国際法学会2016年度研究大会 パネルC「投資条約仲裁は、いかなる意味において国際法上の制度なのか」,   2016年09月11日
  • Investors in the Formation of Customary International Law: Cross-Referencing the Local Remedies Rule of Diplomatic protection in the Investor-State Arbitration, 山下 朋子, MILC-ESIL Conference-Workshop “The Role of International Organizations and Non-State Actors in the Formation of Customary International Law,   2017年01月27日, Manchester International Law Centre in cooperation with European Society of International Law International Organisations Interest Group
  • ”Futility Exception” to the Local Remedies Rule in the Investor-State Arbitration: Interpretation of Treaty or Incorporation of Custom?, 山下 朋子, MU-ASIL Work-in-Progress Conference,   2017年02月03日, Centre for the Study of Dispute Resolution at the University of Missouri School of Law in cooperation with the American Society of International Law Dispute Resolution and Midwest Interest Groups

競争的資金

  • 現代グローバル法秩序における投資家の慣習法規範形成に与える役割, サントリー文化財団, 2016年度若手研究者のためのチャレンジ研究助成,   2017年04月 - 2018年03月, 山下 朋子
  • 投資紛争における損害と責任の国際公法的評価, 日本学術振興会, 特別研究員奨励費,   2014年04月 - 2017年03月, 山下朋子
  • 主権概念の再構築による「法的」人道的介入―国際司法裁判所における個人の保護―, 松下幸之助記念財団, 研究助成,   2013年10月 - 2014年09月, 山下朋子
  • 国際人権法と国家責任法との交錯―外交的保護制度の新展開の可能性, 日本学術振興会, 特別研究員奨励費,   2009年04月 - 2012年03月, 山下朋子

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 関西学院大学国際学部, Introduction to International Law