詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

ジョシュ ブルノティ

所属・担当
教養教育センター
職名准教授
メールアドレスjosh[at]for.aichi-pu.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
researchmapURLhttps://researchmap.jp/Josh-Brunotte
生年月日
Last Updated :2018/09/07

研究者基本情報

学位

  • 修士

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 愛知県立大学, 教養教育センター, 准教授
  •   2014年04月 - 2017年03月, 愛知淑徳大学, 英文学科, 非常勤講師
  •   2012年04月 - 2017年03月, 南山大学, 総合政策学部、情報理工学部, 非常勤講師
  •   2012年04月 - 2017年03月, 名古屋短期大学, 英語コミュニケーション学科, 非常勤講師
  •   2012年04月 - 2014年03月, 桜花学園大学, 学芸学部英語学科, 非常勤講師
  •   2012年09月 - 2013年03月, 名古屋学院大学, 商学部, 非常勤講師
  •   2005年07月 - 2009年07月, 語学指導等を行う外国青年招致事業, 岐阜県教育委員会

研究活動情報

研究分野

      言語学/外国語教育/
      心理学/社会心理学/不安軽減,
      言語学/外国語教育/コンピューター支援言語学習,

研究キーワード

    心理学/外国語不安/学生睡眠習慣・健康状態/コンピューター支援言語学習

現在の研究課題

    1. コンピューター支援言語学習
    2. 仮想現実言語学習
    3. 生徒健康、睡眠行動
    4. 生徒不安、ストレス

論文

  • Motivating better sleep habits in students: Are grades enough?, ブルノティ ジョシュ, Think Tank - Bulletin of the JALT Mind, Brain, and Education SIG, 4, (1) 3 - 5,   2018年, 査読有り, 招待有り
  • Sleep quality of Japanese university students and the implications for cognitive function, ジョシュブルノティ、デボラブロドビ, The Mind Brain Ed Journal – The JALT, Mind, Brain and Education SIG, 1, (1) 14 - 26,   2018年, 査読有り
  • Eliciting spoken output from English language learners through podcast recording, ブルノティ ジョシュ, 愛知県立大学外国語学部 編, 50, 281 - 289,   2018年
  • Hydration habits of tertiary-level Japanese EFL students and the potential effects on academic success, デボラブロドビ、ジョシュブルノティ, 名古屋短期大学研究紀要, 55, 169 - 175,   2017年
  • Mixed, augmented, virtual realities (MAVR) SIG: Significance and potential contribution, メラサアリザデ、ジョシュブルノティ、クリスヘースチングス、エリくハーキングス、パリサメハラン, The Language Teacher, 41, (5) 49 - 50,   2017年, 査読有り
  • Total immersion: VR headsets in language learning, クリスヘースチングス、ジョシュブルノティ, The 2016 PanSIG Journal, G. Brooks (Ed.), 101 - 110,   2017年, 査読有り
  • Student sleep patterns and learning outcomes, ジョシュブルノティ、デボラブロドビ, The 2016 PanSIG Journal, G. Brooks (Ed.), 18 - 24,   2017年, 査読有り
  • Increasing student motivation to produce verbal output in the Japanese EFL classroom, 桜花学園大学学芸学部研究紀要, 4, 11 - 19,   2012年
  • The 2012 JALT National Conference in Hamamatsu City, Japan, 6, (3) 62 - 66,   2012年, 査読有り, 招待有り
  • College living: Issues related to housecleaning attitudes, オグルトリー、ターナー、ビエラ、ブルノティ, College Student Journal, 39, (4) 729 - 733,   2005年, 査読有り

受賞

  •   2012年, Member Support Conference Grant

競争的資金

  • スマートフォンバーチャルリアリティを使う言語アクティビティで留学の不安を縮小, 愛知県立大学, 学長特別教員研究費,   2018年 - 2019年