詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

川畑 博昭カワバタ ヒロアキ

所属・担当
日本文化学部 歴史文化学科
国際文化研究科 日本文化専攻
職名准教授
メールアドレス
researchmapURL
生年月日
Last Updated :2018/12/21

研究者基本情報

学位

  • 博士(法学)

所属学協会

  • 日本イスパニヤ学会
  • 日本ラテンアメリカ学会
  • 比較法学会
  • 憲法理論研究会
  • 全国憲法研究会
  • 日本公法学会

委員歴

  •   2018年01月 - 現在, スペイン王立法学立法院, 会員
  •   2008年07月 - 現在, 愛知県岡崎市情報公開個人情報保護審査会, 委員

経歴

  •   2014年, 愛知県立大学, 日本文化学部, 准教授

メッセージ

    スペイン語やポルトガル語の中南米の国々からイベリア半島のスペインとポルトガルまでを研究の対象として、憲法を考えてきました。いずれも、憲法学という専門分野では主流とはいえないところですが、歴史的にはいずれも、航海によって日本と大きく関わってきたところです。研究課題は「共和制」「大統領制」「君主制」「天皇制」「主権」「平和主義」と、一見、我々の日常とかけ離れたものばかりのように見えますが、「我々の社会をより良いものにし、それを後世につないでいくために、何をどのように考えなければならないのか」という構えを、自分なりに一貫させてきました。(憲)法学も多岐にわたる分野ですが、私が、この学問領域の本旨ともいえる「法の解釈」を中心にしてこなかったのには、私の能力上の限界に加えて、解釈の対象となる法そのものを、どのようにしてより良い社会のためのものとするかを、難解な専門用語ではなく、日常の用語で織り上げて伝えることを考え続けてきたからです。とても〝非実用的″なことに心を砕いてきたとも言えます。 しかし、高等教育機関としての大学の本命は、「すぐに役立つ技術や知識」を教えることにはありません。ついて行けないほどの速さで科学技術が発展する現実を日常として生きる我々にとって、「すぐに役立つ技術や知識」が「すぐに役立たなくなる技術や知識」に転化することは、誰が言わずとも、本当は誰もが承知していることです。自分たちが生きる社会を、現実を、日常を、より良いものにするための思考の忍耐力をつけることこそが、自分が身を置く大小さまざまな共同体のためになることを、大学は教育し発信する学び舎です。魔法のごとき一朝一夕に身につく技術や知識からは解放されなければなりません。
     私はこれまでもこれからも、条件が許す限り、自分の国から外に出て、そこから捉えられる眼を大切にしたいと思っています。そのことは日本だけでなく、日本が置かれる世界を考えることでもあります。その意味での〈異邦人〉であり続けることは大変ですが、地が、人が、物が「異なる」ということを体感し続けることは、口先だけの「グローバリゼーション」ではなく、体の芯から、世界は広く、「異なる人びと」の理解にこそ「一つの人類」という認識はありうると考えます。「同じ」ではなく「違う」ことを大切にする発想から、「より良い社会」への展望は拓けるのだと思い続けています。

研究活動情報

研究分野

      法学/公法学/憲法,

研究キーワード

    比較憲法/公法学/ラテンアメリカ/大統領制/グローバル化/大統領中心主義/憲法史/社会法学/憲法/ペルー:スペイン/人民主権原理/ラテンアメリカ大統領制/スペイン君主制/主権論

現在の研究課題

    1. 君主制と共和制(大統領制)の国家形態論
    2. 日本憲法史における軍事主義と平和主義
    3. 「法と開発」理論

主な研究内容

    ・ラテンアメリカにおける共和制と大統領制の歴史と意義に関する比較憲法研究(2000‐2013)
    ・外国からみた天皇制の意味(2010-2014)
    ・ラテンアメリカにおける開発のための法に関する歴史と理論(2004-2014)
    ・スペインの君主制と日本の天皇制(2013-継続中)
    ・近代以前の人民主権に関する憲法史研究(2013‐継続中)
    ・平和と日常の憲法意識(2016‐継続中)

論文

  • ラテンアメリカ憲法史とポピュリズム : 「民の声は天の声(vox populi, vox dei)」の復権のために, 川畑 博昭, 愛知県立大学大学院国際文化研究科論集. 日本文化編 = Bulletin of the Graduate School of International Cultural Studies, Aichi Prefectural University, 愛知県立大学大学院国際文化研究科論集. 日本文化編 = Bulletin of the Graduate School of International Cultural Studies, Aichi Prefectural University, (6) 96 - 79,   2015年
  • ペルー共和制史にとっての「立憲主義」の位相 : 「統治」と「経済」からの抗い (特集 非西欧世界の立憲制), 川畑 博昭, 新しい歴史学のために, 新しい歴史学のために, (285) 52 - 66,   2014年10月, 招待有り
  • ペルー共和国憲法史と日本国憲法 : 「非西欧地域」との比較から (第47回大会報告特集 歴史における社会的結合と地域) -- (世界史のなかの日本国憲法), 川畑 博昭, 歴史評論, 歴史評論, (770) 36 - 49,   2014年06月, 招待有り
  • 「法と開発」における従属論の位相 : ラテンアメリカにおけるその含意 (第二部 現代国家の諸課題)(杉浦一孝教授記念論文集), 川畑 博昭, 名古屋大學法政論集, 名古屋大學法政論集, 255, 821 - 852,   2014年03月28日
  • イベリア大航海時代の<文書統治>と「日本スペイン交流400周年」--シマンカスとインディアスの二大総合文書館での特別展示, 川畑 博昭, Hiroaki KAWABATA, 愛知県立大学文字文化財研究所年報, 愛知県立大学文字文化財研究所年報, 7, (1) - (16),   2014年03月10日
  • イベリア大航海時代の〈文書統治〉と「日本スペイン交流400周年」 : シマンカスとインディアスの二大総合文書館での特別展示, 川畑 博昭, 愛知県立大学文字文化財研究所年報 = Annual reports of the Cultural Documents Research Institute, Aichi Prefectural University, 愛知県立大学文字文化財研究所年報 = Annual reports of the Cultural Documents Research Institute, Aichi Prefectural University, (7) 112 - 97,   2014年03月
  • 「神」を宿す「天皇制国民主権」の現在 : 「日本スペイン交流四〇〇周年比較憲法セミナー」に際して考えた君主制論, 川畑 博昭, Hiroaki KAWABATA, 愛知県立大学大学院国際文化研究科論集. 日本文化編 = Bulletin of the Graduate School of International Cultural Studies, Aichi Prefectural University, 愛知県立大学大学院国際文化研究科論集. 日本文化編 = Bulletin of the Graduate School of International Cultural Studies, Aichi Prefectural University, (5) 1 - 25,   2014年
  • ペルー憲法史と日本国憲法 : 非西欧地域との比較から (第四七回大会準備号 歴史における社会的結合と地域) -- (第一日目 世界史のなかの日本国憲法), 川畑 博昭, 歴史評論, 歴史評論, (763) 71 - 73,   2013年11月
  • 著者自身による新刊書紹介 『共和制憲法原理のなかの大統領中心主義 : ペルーにおけるその限界と可能性』[川畑博昭], 川畑 博昭, ラテンアメリカ・カリブ研究, ラテンアメリカ・カリブ研究, (20) 86 - 88,   2013年05月
  • 大航海時代イベリア文書における「人民主権」の原理的意味 : 「近代法」再考のための「主権」の「抗議性」についての覚書, 川畑 博昭, Hiroaki KAWABATA, 愛知県立大学文字文化財研究所年報 = Annual reports of the Cultural Documents Research Institute, Aichi Prefectural University, 愛知県立大学文字文化財研究所年報 = Annual reports of the Cultural Documents Research Institute, Aichi Prefectural University, (6) 1 - 23,   2013年03月
  • フィールドノート 「ブラジル的ネグリチュード(Negritude brasileira)」から考える国家と社会--北東部バイーア州都サルヴァドールを訪ねて, 川畑 博昭, 共生の文化研究, 共生の文化研究, (4) 34 - 40,   2010年03月
  • 「グローバリゼーション」下のラテンアメリカにおける「共和国=公共性」をめぐる歴史的課題とその構築可能性 (第二部比較憲法研究の新展開) (浦部法穂教授退職記念論文集), 川畑 博昭, 名古屋大學法政論集, 名古屋大學法政論集, 230, 203 - 229,   2009年06月20日
  • フィールドノート 2008年ブラジル紀行--私の中の静かな"ブラジル・ブーム" (特集 日系ブラジル人), 川畑 博昭, 共生の文化研究, 共生の文化研究, (2) 59 - 64,   2009年03月
  • ラテンアメリカにおける「グローバリゼーション」と「共和国=公共性」の創出 (特集 グローバリゼーション・『格差社会』・憲法理論) -- ([全国憲法研究会]春季研究集会シンポジウム), 川畑 博昭, 憲法問題, 憲法問題, (20) 48 - 58,   2009年
  • フィールドノート フジモリ裁判傍聴記--元ペルー共和国大統領の「!Soy inocente!(私は無実だ)」の叫び, 川畑 博昭, 共生の文化研究, 共生の文化研究, (1) 63 - 69,   2008年04月
  • ペルーの刑事手続とフジモリ政権下での「司法改革」 : ペルーにおける「憲法構造」の規範/実態的把握のための予備的考察(山田正浩先生 近藤譲治先生 退職記念号), 川畑 博昭, 愛知県立大学文学部論集. 日本文化学科編, 愛知県立大学文学部論集. 日本文化学科編, 56, 107 - 132,   2007年
  • ペルー一九三三年憲法制定過程における「大統領中心主義」 : 「議会中心主義」と「合議制行政府」の狭間で (II 比較憲法の今日的課題) (森英樹教授退職記念論文集), 川畑 博昭, 名古屋大學法政論集, 名古屋大學法政論集, 213, 423 - 451,   2006年09月
  • イベロアメリカ(ラテンアメリカ)における「統治可能性」と「立憲主義」をめぐる一試論 : 両者の媒介項としての「大統領制」との関わりで, 川畑 博昭, 愛知県立大学文学部論集. 日本文化学科編, 愛知県立大学文学部論集. 日本文化学科編, 55, 31 - 64,   2006年
  • ペルー憲法史における「共和国大統領」の誕生(二・完), 川畑 博昭, 名古屋大學法政論集, 名古屋大學法政論集, 210, 91 - 135,   2005年12月
  • 国際情勢 ペルー大統領選挙から何を読みとるか, 川畑 博昭, 法学セミナ-, 法学セミナ-, 45, (9) 57 - 59,   2000年09月
  • 各国の事情ペルー フジモリ政権の10年とペルー社会の変容, 川畑 博昭, かけはし, かけはし, 9, (48) 22 - 25,   2000年07月

書籍等出版物

  • 日出づる国と日沈まぬ国―日本・スペイン交流の400年, 川畑博昭, 共編者, 勉誠出版,   2016年03月
  • スペインにおけるグローバル化と民主主義――危機のなかの「議会君主制」の変容から, 川畑博昭, 分担執筆, 第12章(490~511頁), 日本評論社,   2016年02月
  • 共和制憲法原理のなかの大統領中心主義―ペルーにおけるその限界と可能性, 川畑博昭, 単著, 日本評論社,   2013年02月

社会貢献活動情報

所属委員会・審議会(国・地方自治体)

    2008年7月-継続中 愛知県岡崎市情報公開・個人情報保護審査会委員